自分に合うデザインを選ぶ|カラコンで本物そっくりなゾンビに変身|ハロウィンの夜に

カラコンで本物そっくりなゾンビに変身|ハロウィンの夜に

レディ

自分に合うデザインを選ぶ

目もと

顔の大きさや幅が大事

メガネを選ぶとき、フレームのデザインから色、フレームの太さなど様々な組み合わせが考えられて迷うものです。自分に合ったメガネを選ぶ、選び方のコツはあるでしょうか。まず大事なのは自分の顔の大きさや幅に合ったものを選ぶということです。自分の顔の縦の長さの、だいたい三分の一程度の縦幅のメガネにするとよいでしょう。その時々によって、縦幅の深いもの浅いものなどが流行しますが、あまり深すぎるものも浅すぎるものも、顔の輪郭とのバランスを崩してしまいます。メガネの横幅も、顔の横幅のちょうど同じくらいか少しだけ狭めのものにするのがよいでしょう。こちらも顔から出るくらい幅があるものだとバランスが崩れます。眉のラインとメガネの上のラインが同じようなものにするのも似合うメガネをぶコツです。また選び方のポイントとして、色の選択も重要です。だいたい肌の色と同系色のものにすると顔になじみます。

顔の形で選ぶ

似合うメガネの選び方のポイントとして大事なのが、自身の顔の形を知るということ。卵型はどんなメガネでも合うとされています。丸顔、面長、三角顔などは輪郭の違いで似合うメガネのデザインも違うのです。ふくよかで大きめの顔の人は引き締まってみせるために、メガネの上のラインが太く直線的なものが合うでしょう。色は濃い目がおすすめです。ほっそりした顔型の人は丸みのあるソフトなラインのフレームで柔らかさを出すのがいいでしょう。丸い顔立ちなら、小さくて細めのフレームですっきりしたタイプのものにすると合います。また目の大きさや目と目の間隔などを考慮することも選び方のコツです。目を大きく見せたいならレンズは小さなものを選ぶといいでしょう。目の間が離れている場合はブリッジサイズが広めのものが合います。